新着・お知らせ

庭見世、人数揃い、くんち前日中日後日と一人の怪我もなく、また天気にも恵まれ無事終了いたしました。

ご支援ご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。


神人和楽

2018/10/4(木)

昨日は無事に庭見世も終了しました。

本日は人数揃いですが、雨天により屋外で実施できない場合は、14:00から桜町小学校の体育館にて、その後、NBC玄関前で披露する予定になっています。なお、会場への運搬や高さが足りない等の理由により、牡丹の花は取り付けない予定です。

2018/9/29(土)

明日の桜町公園での稽古は取り止め、中尾中央公民館で19:30から行います。台風の影響次第では、それも中止になるかもしれません。

2018/9/27(木)

<最終稽古について>

9/30(日)は雨が降らなかったら予定どおり18:00~桜町公園で、雨天の場合は19:30~中尾中央公民館です。台風の影響で風雨が激しい場合は中止します。

2018/9/24(月)

<合同稽古の変更>

事情により25日(火)の中尾中央公民館での合同稽古は中止し、唐子踊のみ桜町公園で稽古します。

2018/9/21(金)

<場所踏み稽古の変更>

23日(日)のお旅所での稽古は中止し、22日(土)に変更して同場所で実施します。

2018/9/15(土)

「中尾くんち」が行われました。

中尾地区には大山神社や山神社をはじめ多くの祠があり、昔から住民により大切に守られています。中尾の皆さんは毎年感謝をこめて獅子踊などを奉納しています。本年は朝から雨が降り心配されましたが、予定どおり催され、祭りの最後には公務ご多忙の中、田上市長もご来賓として激励に来ていただきました。誠にありがとうございました。

「中尾獅子浮立と唐子踊」は、昭和43年に市指定無形民俗文化財に指定されています。

2018/9/11(火)

問い合わせが多いので、今後の稽古予定を掲載します。※あくまでも予定です。変更になる場合があります。

9/11(火)19:30~ 中尾中央公民館(獅子踊稽古&中尾くんち稽古)

9/12(水)19:30~ 桜町公園(唐子踊稽古)

9/13(木)19:30~ 中尾中央公民館(獅子踊稽古&中尾くんち稽古)

9/15(土) 中尾くんち 9:30 中尾中央公民館~10:00 大山神社~夕刻 中尾中央公民館前

9/19(水)19:30~ 中尾中央公民館(合同稽古)

9/20(木)19:30~ 中尾中央公民館(獅子踊稽古)

9/21(金)19:30~ 桜町公園(唐子踊稽古)

9/23(日)18:00~ お旅所(合同稽古) ※9/22(土)予備日

9/25(火)19:30~ 中尾中央公民館(合同稽古)

9/26(水)19:30~ 中尾中央公民館(獅子踊稽古)

9/28(金)19:30~ 桜町公園(唐子踊稽古)

9/30(日)18:00~ 桜町公園(合同稽古)※最終

2018/9/9(日)

9月15日(土)は「中尾くんち」です。

9時半頃「中尾中央公民館」を出発し、坂道を「大山神社」まで行列で進みます。

10時からは「大山神社」での奉納。その後、いくつかの場所で踊りながら、昼食をはさみ夕刻には「中尾中央公民館」前で踊ります。

山間部ののどかな風景は、囃子の音とともに祭り一色に包まれ、それは祭りの原点を感じさせます。

   大山神社には、長崎バス・中尾バス停下車。

2018/8/30(木)

長崎伝統芸能振興会からの激励訪問を受けました。

田上市長からは、毎回、可愛い唐子踊と歴史ある獅子踊を大変楽しみにしているとの言葉をいただきました。

2018/8/19(日)

やはり諏訪の神様の前での稽古は、いつにも増して気が引き締まります。今日は良い稽古になりました。ここまで来たらとにかく怪我だけには注意しましょう。

2018/8/8(水)

中尾獅子浮立と唐子踊保存会が「平成30年度 第38回 伝統文化ポーラ賞 地域賞」を受賞しました。

これは、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団が、わが国の貴重な伝統文化に貢献され、今後も活躍が期待できる個人または団体に対し、更なる活躍と業績の向上を奨励することを目的とします。具体的には伝統工芸技術や伝統芸能、あるいは民俗芸能・行事など無形の伝統文化の

一、保存・伝承のために欠くことのできない基礎的な仕事

二、「技」または「芸」または「行事」等の保存・伝承

三、保存・振興のための研究や普及活動

を対象とし、これを顕彰するものです。

受賞した「地域賞」は、地域において永年地道に努力され、優れた業績を残して今後も一層の業績が期待でき、後進の指導・育成にも努めている個人または団体を顕彰するものです。

贈呈式は10月23日に東京で開催予定。

中尾獅子浮立と唐子踊保存会は、過去には「地域文化功労者表彰」や「伝統文化活性化国民協会の地域伝統文化功労者表彰」なども受賞しています。こちらに記事があります(ページ下段)

2018/8/6(月)

すごい数の手拭を、まきもの用に結んだり、花御礼用に折りたたんでいます。

婦人部の皆様には頭が下がります。

2018/8/5(日)

中央公園での場所踏み稽古でした。少ない機会ですので様々な確認ができ、有意義な稽古になりました。

中尾からはバスやトラック、自家用車で来ていただいています。子供たちも感謝を込めて、皆であいさつできるようになりました。

2018/7/28(土)

点検と修理のため、傘鉾を長崎伝統芸能館から搬出しました。小川町の傘鉾は、戦中戦後の混乱の中消失していましたが、平成16年(2004年)に、長崎刺繍を配し71年ぶりに新調したものです。

また、この日は、唐子踊が初めて外で稽古しました。まだまだ全然できていませんが、唐子監督が中心となって、地道に根気よく教えていきます。

2018/7/24(火)

嬉野様から寄贈された獅子頭(下段に記事あり)と、獅子方が全て手作りした胴(蓑)も完成し、新たな獅子が誕生しました。

これからの稽古に使用することによって、使い手である獅子方にも馴染んでいくことでしょう。

2018/7/21(土)

庭先調べの様子です。

猛暑の中、街中を歩きまわりました。まだまだ続きます。終了したら調べた情報を整理し、呈上札に書き込みます。まだまだ終わりません。

華やかな奉納踊りの陰で、地味な作業を黙々と行う人もいる。このような皆さんが“くんち”を支えています。

2018/7/14(土)

ブルーが大人用、オレンジが子供用のTシャツです。やはり、同じTシャツを着て稽古することによって一体感が出ます。

2018/7/7(土)

唐子踊の初稽古です。今までの唐子の中でも今回が一番ちびっこです。何回か室内で稽古して7月末には公園デビューします。

夜は中尾で獅子踊の稽古でしたので、唐子共々激励に行きましたが、今夜は「くんち塾」の皆さんも見学に来られていました。

2018/6/17(日)

今日は、唐子、玉使い、仔獅子、囃子の子供が集まり諏訪神社で清祓いです。大役の無事達成及び皆が怪我なく本番を迎えられるよう祈願いたしました。お祓いを受けることは子供たちにとっておそらく初めての経験だったでしょう。いろんな経験ができるのも、くんちの良いところです。

2018/6/1(金)

小屋入りの「清祓」に向かう様子と伝統芸能振興会での「打込み」の様子がYouTubeにアップされていました。

2018/5/12(土)

中尾の皆さんが早くから稽古をしていますので、今日は小川町から大勢で激励に行きました。

この日は、獅子頭を寄贈いただいた嬉野様も来られ、獅子方の意見を踏まえ少し手を加えていただいた獅子頭を、皆さんの前であらためて寄贈いただくことができました。

獅子の胴(蓑)もしばらくすると出来上がりますので、新しい獅子のお披露目が楽しみです。

2018/4/15(日)

長崎くんちに向けて獅子の胴体を作ります。

この日は中尾の会長他役員及び獅子方の皆さんが集まり、昼食後、早速道具を運び胴体を作る作業に取り掛かりました。獅子方が中心となって、麻を黒、緑、赤、黄、白の五色に染めたものを手作業で織っていきます。今後、週3日集まり作っていきますが、それでも中々進まないので日曜日にも時間をかけて作業を行います。

2018/3/28(水)

ある方より、非常に貴重な資料をいただきました。

大正7年の長崎くんちに、東上町の奉納踊として中尾の獅子踊が出演しています。

2018/3/3(土)

くんちに向けた小川町決起集会が開催されました。中尾自治会の会長他役員の皆様も参加され、小川町住民及びゆかりの皆さん方とともに、各責任者の決意表明があったり、大人の唐子で酒を飲んだり。本当に楽しいひと時でした。

2018/2/16(金)

今年のランタンフェスティバルのメインオブジェは、なんと獅子です。「瑞獅戲球」。獅子は魔除けとしても親しまれています。6頭の獅子が戯れる刺繍が施された毬は愛情を結ぶ絆のシンボルで、子孫繁栄を願ったおめでたいデザインです。

2017/11/4(土)

早くも、獅子踊の稽古を開始しています。

伝統芸能であるため基本の踊りは変えませんが、長崎くんちバージョンをこれから作り上げていきます。

2017/10/20(金)

中尾自治会の会長はじめ役員、頭領の皆様に正式な書面をお持ちし、平成30年長崎くんちの出演について快諾いただきました。

本格的に動き出します!

2017/8/20(日)

嬉野紀孝 様から獅子頭を寄贈いただきました。

嬉野様は、崎戸町の浅間神社の宮司をされており、能面打ちでもいらっしゃいます。

毎年、小川町のお稲荷さん「梅岡稲荷大明神」で災厄除けのお祓いをお願いしている縁もあり、何年もかけて作成された貴重な獅子頭をいただくことになりました。

本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。

2017/8/16(水)

くんちを勉強する機会として「小川町くんちセミナー」を本日から5回開催します。